マスクの種類や効果│肌荒れ対策は?

新型コロナウイルスの流行によりマスクを着けて生活することがスタンダードになってきています。それに伴い様々なマスクが出てきましたがマスクにはどのような種類があるのでしょうか。

マスクの種類

マスクには実は家庭用マスク医療用マスク産業用マスクの3種類があります。

ふだん私たちがつけているのはいわゆる家庭用マスクというマスクです。
家庭用マスクは、風邪や花粉対策、防寒、保湿などの目的で日常的に使用されるマスクです。素材や形状、サイズが豊富なことも特徴です。フィルター性能と通気性のバランスが良いため、長時間にわたり長期的に使用することが可能です。

医療用マスクは、主に医療現場など医療用に使用されます。想像しやすいものですと外科手術等で使用されるものです。「外科の」「手術の」という意味からサージカル(surgical)マスクとも呼ばれています。

もう1つは産業用マスクです。工場などで作業する際の防塵対策として使用されています。工業用マスクや防塵用マスクとも呼ばれており、鼻や口を覆うだけでなく顔面すべてを覆うものもあります。

不織布マスクってなに?

「ガーゼマスク」はおわかりの方が多いと思いますが「不織布マスク」はどのようなものを指すのかおわかりになりますか?

不織布とは織っていない布のことです。繊維や糸を織るのではなく熱的、機械的、科学的な作用により繊維を接着されたり絡み合わせた薄いシート状の布のことです。粒子捕集性や通気性に優れていることが特徴です。

N95マスクってなに?

N95マスク」というマスクもあります。N95マスクはNIOSH(米国労働安全衛生研究所)規格に合格したマスクです。

ウイルスを含んだ飛沫の侵入を防ぐことができる高性能なマスクで、医療施設等での日常業務での感染予防に効果的です。
N95マスクについて厚生労働省では、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザや結核菌の対策指定品の1つとしています。

※N95規格のNというのはnot resistant to oil 耐油性なしということを表しています。95とは塩化ナトリウムの捕集効率試験で95%以上捕集することを意味しています。つまり、0.3μm以上の微粒子を95%以上捕集する性能を備えていることを示します。

マスクの性能が知りたい

PFE・BFE・VFEなどマスクの商品パッケージに記載されていることがありますがどういう意味かご存知でしょうか。こういった表記はマスクを選ぶ規格基準となります。

VFEはウイルス濾過効率のことです。ウイルスなどの飛沫を捕集する割合で、数値が高いほどウイルス遮断効率が高いことを示しています。

PFEは微粒子濾過効率のことです。試験粒子(0.1μm)が除去された割合を表しています。

BFEは細菌濾過効率のことです。細菌を含む粒子(3μm)が除去された割合を示しています。

VFEやPFEが高いマスクはインフルエンザや風邪などの予防に効果的だと言えますね!

布マスクって意味ないの?

不織布マスクが入手困難になり、布マスクを着用する人も多いですが、布マスクって効果はあるの?と気になるところです。
残念ながら布マスクにはウイルスカット効果は期待できません。そもそもフィルターとしての性能を示す試験が行われてもいません。

布マスクはつけないほうがいいの?と思いますが、何もつけないよりは布マスクでもつけたほうがマシです。というのも、顔を直接触るのを防ぐことや、喉を保湿することは布マスクでもできるからです。

喉の保湿はウイルス対策において非常に重要ですし、鼻や口などを覆うことでウイルスのついた手で直接粘膜に触れることがないためです。

不織布マスクなら100%防げるの?

不織布マスクも100%感染を防げるというわけではもちろんありません
フィルター部分の性能が良くてもマスクが骨格にフィットしていないと隙間からウイルスは侵入してきます。髪の毛1本でも入る隙間があればそこからウイルスは侵入するのです。

また、使用中や使用後のマスクのフィルター部分にはたくさんのウイルスや菌が付着しているのでなるべく触らないようにすることが大切です。
正しい装着方法、はずし方をすることでマスクの効果を高めることができます。

ウレタンマスクの効果は?

洗って繰り返し使え、カラフルな色味でおしゃれも楽しめるウレタンマスクは若者を中心に人気のマスクです。
私は使用したことがないのですが、使用している人からは”呼吸もしやすい、肌荒れしない”なんて話を聞いたことがあります。

呼吸をしやすいということはマスクとしての効果はあるの?と疑問に思っていましたが、国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長の西村秀一医師がマスクの素材別の実験を行い、衝撃の結果が出ています。

クリーンルームの中でぜんそくなどの治療吸入器具として使われているネブライザーからヒトの出すエアロゾルを模したものを発生させ、それぞれのマスク素材がどのくらい通過させるかを試しました。

※エアロゾルとは・・・気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体のことです。

ウレタンマスクは5μm以下の粒子だと除去率が1%以下

ウレタンマスクは飛沫もほとんど除去できていないということがわかります。
逆に、不織布マスクは0.3~0.5μmでも90.8%の除去率が確認されました。もちろん、N95マスクや医療用サージカルマスクはそれ以上に高い除去率を示していますが、通常の生活においては不織布マスクで十分だと考えられます。

マスクは肌荒れする?

新型コロナウイルスの流行に伴い、以前よりマスクを着用する機会や着用する時間が長くなり、肌荒れに悩む人も多いと思います。

マスクを着用することによる摩擦や蒸れ、蒸れることでの雑菌繁殖などが原因だと考えられます。特にマスクが擦れやすいフェイスラインのあたりに吹き出物ができてしまっている人は多いですよね。

マスクによる肌荒れ対策は?

マスクによる肌荒れ、すごく嫌ですよね。でも外出している間はマスクをはずすことはできません。家ではマスクをはずし、蒸れや摩擦から肌を解放してあげましょう。

マスクが肌に擦れるのはマスクがフィットしていないことも考えられるのでサイズや素材が肌に合ったマスクを選ぶことも効果的ですが、現在マスクは不足しているため、なかなか選ぶことができないかもしれません。
そんなときは、肌とマスクの間にガーゼやコットンを挟むことによってマスクによる肌への摩擦を防ぐことも肌を守る上では効果的です。

また、洗顔時に顔をゴシゴシこすっている人はいませんか?吹き出物がなくとも肌を守る上で摩擦はできるだけ避けるほうが良いです。洗顔時もしっかりと洗顔料を泡立ててこすらず、泡を肌に押し付けるような洗顔を行いましょう。
そして、保湿も大切です。化粧水でしっかりと水分を補い、乳液やクリームの油分で閉じ込めるという基本のケアを行いましょう。
それでも改善しない場合は、皮膚科を受診し相談してみましょう。皮膚の専門は皮膚科医です。

マスクをつけて生活するのが当たり前になりました。マスクとうまく付き合っていきましょう。

さいごに

様々なマスクが世の中にはありますが、”何のためにマスクをしているのか”という理由を考えてみましょう。コロナが蔓延している世の中で、マスクによって感染予防をしている意味合いが多いのではないでしょうか。きちんと意味に合ったマスクを着用できると良いですね。

また、マスクを着用することによる肌荒れ等悩ましいものもありますが正しいスキンケアを行うことで肌荒れは防止できるので正しいスキンケアを心がけましょう。

【参考】
東洋経済オンライン 
Yahooニュース