乳房超音波検査とマンモグラフィ検査のちがい

乳がん検診で、超音波を受けようかマンモグラフィを受けようか、どっちが良いのかなあと悩む女性の方って多いと思います。今回は超音波とマンモグラフィのちがいについてご紹介します。

乳房超音波検査ってどんな検査?

乳房超音波検査は乳房の皮膚の表面部分に超音波を発信する装置をあてて、戻ってくる音の速さの違いを白黒の点で表して画像化し、乳房内に異常がないかを調べる検査です。基本的に痛みはありません。被ばくのおそれがなく身体に悪影響を及ぼさないので何度でも受けられる検査です。(妊娠中でも可能)

超音波検査では、しこりがあった場合、質的診断がしやすく、そのしこりが充実性(がんの疑いがある)なのか嚢胞(乳管内部に液がたまったもの)なのか区別できます。また、小さなしこりもみつけやすいということも特徴です。ただし、検査を施行する人の技量も重要になる検査です。

マンモグラフィ検査ってどんな検査?

マンモグラフィ検査は乳房を片方ずつ押し挟むようにして薄くのばし、上下と左右の2方向からエックス線撮影をします。視触診などでは発見できないようなしこりを見つけることができます早期乳がんのサインである石灰化を見つけやすいというメリットがあります。
エックス線検査ではあるので微量ですが被ばくのおそれがある検査です。また、乳腺の発達した乳房では異常がうつりにくいです。

20~30歳代の方は一般的に乳腺が多いと言われているので乳房超音波検査のほうが観察しやすい場合があります。

乳房超音波検査でよくある所見

乳房超音波検査では上記のような所見がよくあります。腫瘤などの所見があった場合には、MRIや生検などでの精査や経過観察が必要です。嚢胞は分泌液の貯まった袋のようなものなので特に心配ありません。

マンモグラフィ検査でよくある所見

マンモグラフィ検査では上記のような所見がよくあります。乳腺の全体像を写し出すので左右の乳房を比較してみることができることからの所見が特徴的です。

乳房超音波検査ってどうやって検査するの?

乳房超音波検査は上半身の衣服を脱ぎ、仰向けの状態で行う検査です。装置を皮膚に滑らせて行うのですが装置を当てる部分にはゼリーを塗ります。乳房上に装置を滑らせるだけの検査なので基本的に痛みを感じません

マンモグラフィ検査ってどうやって検査するの?

マンモグラフィ検査は上半身の衣服を脱ぎ、撮影装置の前に立って左右の乳房を片方ずつ台の上に載せて、乳房を樹脂製の圧迫板で挟んで検査します。
撮影の際は、乳房全体が写るようにできるだけ乳房を引き出し、かつ乳房が約4-5cmほどの厚さになるまで圧迫板で圧迫してはさみ、乳房の撮影を行います。
圧迫することで乳房の重なりが少なくなり、小さな乳がんも写りやすくなります。また、エックス線での被ばくを少なくする意味もあります。
検査をしている十秒ほどは強い痛みを感じる方もいらっしゃいますが、できるだけ詳細な検査をするためには乳房を薄く引き伸ばすのは必要なことなのです。

もし異常があったらどうなるの?

乳房超音波検査やマンモグラフィ検査のみで確定診断とすることはありません。乳房超音波検査での再検査、細胞診組織診の結果を併せて確定診断を行います。

細胞診とは

細胞診は乳房のしこりや分泌物などの細胞の一部を採取して、がん細胞の有無を顕微鏡で調べる検査です。下記の3通りの方法があります。いずれも麻酔は使用しません。

●穿刺吸引細胞診:しこりの部分に細い針を刺して注射器で吸引して細胞を採取する方法です。
●擦過細胞診:乳頭にただれなどがある場合、その部分をヘラなどで擦ることで細胞を採取する方法です。
●分泌液細胞診:乳頭からの分泌物がある場合、それを採取する方法です。

細胞診は検体量が少ないため、確定が難しいことがあります。その場合は次の組織診を行う必要が出てきます。

組織診とは

組織診は針生検とも言われる検査です。細胞診は細い針を刺しますが、組織診では太い針を刺して組織を採取し、顕微鏡で観察する検査です。細胞診よりも採取する細胞の量が多いためより確実な診断が可能です。また、がんの悪性度などもわかります。主に下記の3通りの方法があります。いずれも局部麻酔を行います。

●針生検:超音波などでしこりの位置を確認しながら、太さ約2mmの針を使用してしこりの部分の組織を採取します。
●吸引式針生検:超音波などでしこりの位置を確認しながら、太さ約4mmの針を用いてしこりの部分の組織を採取する方法です。
●外科的生検:針生検を行っても診断が難しい場合に、メスでより多くの組織を切り取って採取する方法です。

自己検診をしよう!

乳がんの早期発見のために自己検診を月1回程度行いましょう。20歳以上の女性は月1回の自己検診が必要だと言われています。

①乳房に石鹸やパウダーをつけて滑りを良くし、乳房を押さえるようにしながら、乳頭を中心にうずまき状に指を滑らせてしこりがないか確認します。

②わきの下にもしこりがないか確かめます。

③乳頭から異常な液が出ないかを確かめます。

自己検診に加えて年1回程度の検診も必要です。乳がんは女性のがんの中では最も多いがんで、日本全国で1年間に約92,300人が診断されます。残念ながら乳がんのはっきりとした予防法は現在のところありません。

厚生労働省の指針では、がん検診の死亡率の減少効果が確実で、検診の不利益(偶発症や過剰診断や偽陰性・偽陽性)が少ない検診だけが推奨されています。現時点で乳がん検診では、マンモグラフィが推奨されています。

しかしながら超音波検査、マンモグラフィ検査、それぞれの検査の特性をふまえて個々人の状態にあわせた定期的な検査を受け、異常の早期発見につとめることが非常に重要だと感じます。

【参考】
MYメディカルクリニック
乳房再建ナビ
国立がん研究センター がん情報サービス

この記事を書いた人

アバター
えあざむ

渋谷で働く25歳。美容と健康に興味あり!みなさまに正しい情報をお伝えするために日々情報収集しています。 胃痛持ちで内視鏡検査の常連。血液検査が苦手。医療脱毛の痛みは耐えられます!