【解説】高血圧の危険性

健康診断等で高血圧や血圧高めなどと指摘されたことがある人は多いと思います。日本では約4,000万人が高血圧と推定されています。高血圧の危険性ときちんと治療したほうが良い理由を今回はご説明します。

血圧とは

血液が心臓から押し出されて血管(動脈)を通るときに血管の壁にかかる圧力のことを言います。心臓が収縮して血液を押し出すときの最も高い血圧が収縮期血圧(上の血圧)で、拡張して血液の流れがゆるやかなときの最も低い血圧が拡張期血圧(下の血圧)です。診察室血圧が収縮期血圧140mmHg以上 かつ/または 拡張期血圧90mmHg以上を高血圧としています。
心臓の拍出量が増えたり、血管の収縮によって血管の抵抗が大きくなったりすると血圧は上がります。血管の弾力性も血圧に関係し、動脈硬化が進むと収縮期血圧は上がり、拡張期血圧は下がります。
血圧は常に変動しており、1日の中でも朝目覚めてから血圧は上昇し、日中は高くなり、睡眠中は低くなります。精神活動や身体活動の影響を受けやすいです。食塩の摂取量も血圧に関係します。また、一般的に血圧は加齢とともに上がっていくと言われています。

高血圧とは

一時的な高血圧でなく慢性的に血圧が高い状態が高血圧です。高血圧の状態が続くと、血管に負担をかけるので動脈硬化のリスクが高まります。さらに脳卒中や心臓病などのリスクが上がるため早い段階で血圧の治療を行うことが大切です。
一般的に治療が必要なのは収縮期血圧160mmHg以上、拡張期血圧100mmHg以上と言われています。収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上でも高血圧と認められますが、まずは食生活など生活習慣の改善からはじめます。

正常正常高値Ⅰ度高血圧Ⅱ度高血圧Ⅲ度高血圧
最高血圧~130mmHg130~140mmHg140~160mmHg160~180mmHg180mmHg~
最低血圧~85mmHg85~90mmHg90~100mmHg100~110mmHg110mmHg~

高血圧は自覚症状がないことがほとんどなので知らないうちに進行してしまいます。定期的に血圧測定を行うことが大切です。

●血圧を上げるもの
 塩分の摂りすぎ / 加齢 / ストレス / 激しい運動をしたとき / 寒さ(冬)/ 外気温の急変(入浴時の脱衣やいきなり熱いお風呂に入ったとき、冬季に暖かい室内から外出するときなど)/ 睡眠不足 / 過度のアルコール摂取 / 便通時などの力み / 日常の運動不足 / 肥満・過体重 / 遺伝による体質 / 動脈硬化などの病気 / 性格(すべてを一人で抱え込むタイプの人)

●血圧を下げるもの
 休養 / 睡眠 / 運動習慣 / 暑さ(夏)/ 入浴(ぬるめのお湯で)/ 少量のアルコール摂取

日本臨床内科医会

高血圧になりやすい人は?

高血圧の人の大部分は血圧を上げる原因を特定できない「本態性高血圧」というタイプだといわれています。腎臓や神経系などの何らかの遺伝的な異常に塩分の摂りすぎ、過食などの生活習慣や生活環境といった要因が合わさって起こります。
また、数は少ないですが血圧を高くする明らかな原因があった高血圧になっている場合もあり、これを「二次性高血圧」といいます。腎臓の病気や内分泌の病気などが該当します。この場合、原因となっている病気を治療することで血圧が下がることが多いです。

高血圧の症状

多少血圧が高くとも自覚症状がないことがほとんどです。血圧があまりにも高いときは頭痛、めまい、肩こりといった症状が出現することもあります。しかしながら、そのような症状は日常的に起こりうる症状でですので、高血圧に関しては自覚症状はあまり参考になりません。
症状の有無にかかわらず、検査を行い、高血圧を指摘された場合にはきちんと治療を受ける必要があります。

高血圧が原因の疾患

血圧が正常高値よりも高い人は、循環器疾患・脳卒中・冠動脈疾患死亡リスクが高く、これは60歳以上の人よりも30~59歳の人においてより顕著です。循環器疾患死亡の61%、脳卒中死亡の66%、冠動脈疾患死亡の52%が高い血圧値が原因でした。

高血圧症

高血圧が引き金となって起こる病気です。頭痛やめまいの症状が出ることもありますがほとんどは無症状です。放置していると様々な合併症を引き起こすリスクがあるので早期に治療をすることが大切です。

動脈硬化

慢性的に血圧が高い状態が続くと動脈硬化になりやすいです。血管に弾力がなくなり、かたくなってしまった状態です。動脈硬化があることで血流が悪くなり、さらに高血圧が悪化するという悪循環になります。

心臓病等の心疾患

心臓の血管に動脈硬化が起こることで心疾患のリスクが高まります。狭心症や心筋梗塞、心不全を引き起こす恐れがあり、最悪の場合死に至ることもあります。

脳出血

脳の血管に動脈硬化が起こることで脳の血流が悪くなってしまい、脳卒中を引き起こす恐れがあります。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などは生命に関わったり、もし助かっても障害が残ってしまったりすることもあります。

血圧が上がる原因

食生活の乱れ

食生活は血圧上昇にも大きな影響を与えています。特に塩分の摂りすぎで血圧が上がりやすいというのを聞いたことがある人は多いと思います。血中のナトリウム量が増えることでバランスをとるために全体の血液量が増え、血管に負担がかかることで血圧が上がってしまいます。カルシウム不足の場合にも血圧の上昇を招きます。野菜、果物、魚、乳製品の適切な量の摂取が大切です

肥満

肥満の人に多い脂肪細胞は血管を収縮する物質を分泌しているので血管が細くなり、そうなることで圧がかかるので高血圧を招いてしまいます。

多量のアルコール

多量のアルコールは興奮状態を招き、血圧の上昇につながります。また、休肝日のない連日の飲酒習慣も高血圧につながりやすいです。

運動不足

運動不足は血行不良につながります。血行不良の状態だと血液が全身に行き渡らなくなるので体は血液量を増やそうとします。血行が悪いまま血液量が増えると血管に圧がかかってしまうので高血圧をもたらします。

老化

加齢とともに血管は細くなりやすく、血流が悪くなってしまいます。血液を末端まで運ぶためには血圧をあげて対処するしかなく、老化に伴って血圧は上がりやすくなってしまいます。

過労

過労やストレスはたくさんのエネルギーを必要とします。血液量や心拍量が増えるために血圧上昇を引き起こしてしまいます。

高血圧を改善するには

高血圧は放置して良くなるものではありません。生活習慣の改善と医師の判断による服薬治療が必要になってきます。

カロリー・塩分ともに少なめの食事

血中の塩分バランス調整のために必要なカリウムが多く含まれる野菜類を摂取し、食べ過ぎ・飲みすぎないことが大切です。アルコールは少量なら血圧を少し下げますが、飲みすぎると血圧が上がり心臓の負担も増えます。1日に日本酒は1合、ビールは中ビン1本までが良いとされています。
また濃い味付けにせず塩分少なめの薄味を心がけましょう。外食時にどのお店も味付けが濃いと感じるようになったら、塩分少なめの生活が定着していると言えます。また、野菜、魚、果物、乳製品を意識的に摂取するようにしましょう。

【減塩のアイディア】
●調味料は少なめに
●だしのうまみを生かす
●食酢や柑橘類の酸味、香辛料を使って味付けにアクセントを
●減塩しょうゆや減塩みそ、ナトリウム含有量が少ない塩を使う
●一品に集中して食塩を使い、あとは無塩で
●麺類のスープは飲まない
●漬物や汁物は少なめに
●料理全体に味をつけるのではなく、料理の表面に味付けを
●薄味に慣れ、食材の持っている味を楽しむ
●新鮮な食材を使って料理する
●インスタント食品はできるだけ控える

参考:一般社団法人 日本臨床内科医会

適度な運動

血流を良くするには有酸素運動が効果的です。ウォーキングのような気軽にできる適度な運動を定期的に行うようにしましょう。

禁煙

喫煙は動脈硬化を促進してしまいます。また、血圧の上昇にもつながるので喫煙者は早期に禁煙することをおすすめします。

減量

減量することで血圧の低下が見込めます。食事制限を行うことはもちろん、適度な運動を行って健康的に減量することが大切です。

家庭血圧の測定

病院で血圧を測るとふだんより血圧が高いという経験をした方も多いと思います。これは白衣高血圧といいます。逆に、病院では低く普段は実は血圧が高い要注意のタイプが仮面高血圧です。
家庭血圧を朝起床後朝食前と夜寝る前の1日2回測定することが推奨されています。毎日測定して記録することで血圧の管理や意識につながります。

【血圧自己測定のポイント】
●信頼性が高い上腕で測るタイプの自動測定器を使いましょう
●測定器の説明書をよく読んで正しい方法で測定しましょう
●朝晩2回の測定が勧められ、朝は起床後1時間以内で服薬・朝食前に、晩は就寝前に同じような状態で測定しましょう
●測定値は毎回記録して通院時に主治医に見せましょう。診察の際の治療効果の評価や治療法変更のための大切な情報源ですので、測定した血圧はすべて記録します

参考:一般社団法人 日本臨床内科医会

継続することが大切

血圧は徐々に下げるものです

薬物治療をはじめるときは数か月かけて少しずつ血圧を下げていきます。これは、急に血圧を下げると活力がなくなったり、脳梗塞の危険が少し高くなるからです。
「なかなか血圧が下がらない」といって通院を自己判断でやめてしまう人も多いようですが、通院をやめたりすると薬の効果を十分に得られません。

また、「今日は血圧が低かったから」という理由で自己判断で薬を飲んだり飲まなかったりする人もいますが、血圧コントロールを乱すので危険です。薬の飲み方は主治医の指示に従うようにしましょう。また、服用後に何か症状が出た場合には主治医に伝えるようにしましょう。

血圧が下がっても定期的な検査を

治療を継続して血圧が安定してくると気が緩んで血圧測定をさぼってしまったりする人もいますが、きちんと定期的な検査をしましょう。
血圧が下がってもまた高血圧の状態になることは多々あります。これは、一度高血圧になった人はもともと血圧が高くなりやすい状態だからです。
定期的な通院、検査は欠かさず行うようにしてください。

さいごに

高血圧は生活習慣病の一種です。食生活・運動習慣などの生活習慣をきちんと整えることで改善をはかることはできます。また、服薬治療を開始することになった場合も、きちんと毎日お薬を服用し、食生活の改善・適度な運動・禁煙等を併せておこなうことで血圧をコントロールすることができます。命につながる疾患ですが、生活習慣で改善可能だからこそ頑張りましょう!健診等で高血圧を指摘された場合には必ず医療機関を受診しましょう。

【参考】
国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

MYメディカルクリニック

渋谷駅ハチ公口から徒歩3分の抜群の立地

平日9時~21時まで・土日も外来診療が可能

内科、外科、婦人科、乳腺外科、各種健康診断、予防接種への対応可

渋谷駅から徒歩3分の立地で企業向けの健康診断、一般外来、巡回型のインフルエンザ予防接種などを行っているクリニック。土日や平日夜間も開院しており忙しいビジネスパーソンにぴったりです。

この記事を書いた人

アバター
えあざむ

渋谷で働く25歳。美容と健康に興味あり!みなさまに正しい情報をお伝えするために日々情報収集しています。 胃痛持ちで内視鏡検査の常連。血液検査が苦手。医療脱毛の痛みは耐えられます!