渡航前に接種しておきたい│B型肝炎ワクチン

B型肝炎は持続感染することも多い非常にこわい病気です。日本では現在あまり感染することはありませんが、海外ではまだまだ感染リスクの高い病気です。B型肝炎とワクチンについて今回は解説します。

B型肝炎ってどんな病気?

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)が血液や体液を介して感染することで起こる肝臓の病気です。
全世界で、約3億5,000万人が感染していると言われており、そのうち日本では約130〜150万人が感染していると推定されています。

つまり、日本人の100人に1人は感染しているということになります。

感染経路

感染経路は垂直感染水平感染に分類されます。

垂直感染とは、B型肝炎ウイルスに感染している母親から生まれた子どもへの感染であり、水平感染とは、それ以外による感染のことを言います。

垂直感染・・・出生時の母子感染や、妊娠中に子宮内や産道で感染します。
 ※こちらは母子感染予防法により1986年から国内では減少しています。
水平感染・・・B型肝炎ウイルスに感染したパートナーとの性交渉による感染や、汚染された注射針や、注射器を共用し麻薬などを注射した場合などに感染します。

輸血によってB型肝炎ウイルスに感染することがありますが、日本国内において輸血される血液は、すべてB型肝炎ウイルスの検査が行われているので国内での輸血によって感染することはほぼないと考えられます。

B型肝炎は血液もしくは体液での感染となるため、空気感染などすることはありません

国際交流の増加などにより、以前とは違った形でのB型肝炎の感染者数は増加傾向にあります

B型肝炎ウイルスに感染するとどうなるの?

B型肝炎ウイルスの感染は”一過性感染”と”持続感染”の2つに分けられます。

一過性感染

一過性感染も急性肝炎を発症する顕性感染と自覚症状がないまま治癒してしまう不顕性感染があります。
どちらの場合もB型肝炎ウイルスの免疫を獲得しているため再度B型肝炎ウイルスに感染することはありません

急性肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染後、数か月ほどの潜伏期間の後、黄疸、食欲不振、嘔気・嘔吐、全身倦怠感、 発熱などの症状が現れます。一般的に経過は良好であり、数か月以内に治癒しますが約1~2%は劇症肝炎を発症することがあります。

劇症肝炎は、高熱や、起き上がれないほどの倦怠感、激しい吐き気などの症状を呈し、高度の肝不全と意識障害が特徴です。肝臓移植を必要とすることもあります。肝機能が著しく低下することで意識障害が現れ、昏睡状態に陥ります。劇症肝炎を発症した人の70~80 %は死に至ると言われています。
急性肝炎が劇症化する原因は現在のところ不明です。

持続感染

持続感染というのは、感染したB型肝炎ウイルスが排除されず、6か月以上肝臓に住みつくことを言います。
またB型肝炎ウイルスに持続感染している方をHBVキャリアと言います。ほとんどの場合無症候性キャリアへ移行しますが、一部は慢性肝炎を発症します。

B型肝炎ウイルスの持続感染は出生時や乳幼児期の感染により成立します。成人期での初感染では、持続感染化することは珍しいです。

慢性肝炎はHBVキャリアが発病するもので、放置していると肝硬変、肝臓がんへ進展してしまう可能性があるので注意が必要です。

肝臓は”沈黙の臓器”と言われ、慢性肝炎や肝硬変になっても症状が出ないことが多いので、B型肝炎ウイルスに感染していることがわかれば、症状がなくても検査をして、病気を発見することが非常に重要になってきます。

B型肝炎ウイルスに感染しているか調べる方法

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるには血液検査を行います。

HBs抗原を検査し、検出された場合、血液の中にB型肝炎ウイルスが存在するということがわかります。HBs抗原が陽性だった人は、B型肝炎ウイルスに初めて感染した人と持続感染している人(HBVキャリア)の場合があります。

B型肝炎の治療方法

慢性のB型肝炎の場合は、ウイルスを身体から排除することはほぼ不可能であり、肝炎.netによると治療の目的は”肝硬変への進展や発がんをおさえて長生きすること。そして毎日を快適に過ごすこと。”とされています。

主にウイルスを攻撃する、抗ウイルス療法と肝臓を守る肝庇護療法があります。
急性のB型肝炎の場合は、急性期に行う対症療法によりほとんどの場合完治します。稀に劇症化することがあるので注意が必要です。

B型肝炎を予防するには

B型肝炎を予防するには、通常の生活においてできるだけ他人の血液に触れないことが大切です。
他人の血液に触れることが多い医療関係者や消防士、警察官などはB型肝炎ワクチンの接種を受けることが望まれます。

また、発展途上国では輸血用血液の供給が献血でなく売血によって行われている地域があり、HBVキャリアの血液が供給される可能性が考えられます。海外渡航前のワクチン接種も推奨されています。

また、性交渉による感染などは減少傾向になく、さらに感染していることにも気づきにくいことは大きな問題となっています。

B型肝炎ワクチンとは

B型肝炎ワクチンは不活化ワクチンです。
国内承認されているワクチンは2種類あり、ヘプタバックス-Ⅱビームゲンです。
通常、3回接種で、初回の接種から4週間後に2回目を接種し、その後初回接種から24~28週以降に3回目を接種します。

乳幼児期にB型肝炎ウイルスを3回接種した場合、ほぼすべての人がB型肝炎に対する免疫(HBs抗体)(10mIU/mL以上)を獲得することができると言われています。そして一度獲得した免疫は少なくとも15年間持続することが確認されています。
しかしながら40歳を過ぎて免疫を獲得できるのは約80%と言われており、できるだけ若いうちに接種することが好ましいと考えられます。

B型肝炎ワクチンは極めて安全性が高いワクチンとされており、重篤な副反応の報告はほとんどありません。倦怠感、局所の疼痛や腫れ・発赤、発熱、頭痛など一般的な副反応などが報告されていますが軽度か一過性のものです。

B型肝炎ワクチンを打とう!

B型肝炎を予防することは肝臓がんへの罹患を予防することにも繋がると考えられます。
また、2016年10月より2016年4月1日以後に出生した0歳児を接種の対象としたB型肝炎ワクチンの定期接種化が始まりました。WHOもユニバーサルワクチネーションを指示しています。

B型肝炎は意外と身近にある感染症の1つです。自分や周りの人、将来の子どもを守るためにもできるだけはやいうちにB型肝炎ワクチンを打ってB型肝炎を予防しましょう。

接種可能な医療機関~MYメディカルクリニック~

MYメディカルクリニックのワクチン詳細はこちら

渋谷駅徒歩3分の好立地で土日や平日夜間も開院している利便性と、院長が日本旅行医学会認定医でワクチンについて詳しいのもおすすめのポイントです。

【参考】
肝炎.net
日本医師会 B型肝炎について
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 肝炎情報センター
一般社団法人 日本肝臓学会
時空出版 海外渡航者のための予防接種と感染症の知識 髙山直秀 菅沼明彦

この記事を書いた人

アバター
えあざむ

渋谷で働く25歳。美容と健康に興味あり!みなさまに正しい情報をお伝えするために日々情報収集しています。 胃痛持ちで内視鏡検査の常連。血液検査が苦手。医療脱毛の痛みは耐えられます!