インフルエンザの予防接種について

今回はインフルエンザの予防接種について取り上げます。
みなさんも今までに1度はインフルエンザの予防接種をされたことがあるのではないでしょうか。

インフルエンザとは・・・

インフルエンザは突然現れる高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強いということが特徴として挙げられます。併せてのどの痛み、鼻汁、咳などの風邪と似た症状もみられます。さらに、気管支炎や肺炎などを併発し、重症になることがあるのも特徴です。
特に高齢者、呼吸器や心臓などに慢性の病気を持つ方は、インフルエンザそのものや、もともとの病気が悪化しやすく、死に至る原因となることもありますので、十分に注意する必要があります。
また、小児がかかると、まれに急性脳症を起こすこともあります。
日本では、例年12月~3月がインフルエンザの流行シーズンです。


インフルエンザの種類

インフルエンザウイルスの中で人間に感染するウイルスは大きく分けて3種類あります。
それぞれ、A型、B型、C型と呼ばれ、症状や経過が異なります。

A型インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスは、症状が激しい型で、先ほどご紹介したような急激な症状が出やすい型だと考えられています。
通常、一度インフルエンザにかかると、回復の過程でそのウイルスに対する免疫が体内に作られますが、ウイルスの形をどんどん変えて進化し続けるため、今までに獲得した免疫が機能しにくくなり、ワクチンの予測も立てにくいインフルエンザウイルスだといわれています。
主な症状や特徴
・高熱(38℃以上)
・肺炎を含む、呼吸器系の合併症
・激しいのどの痛み
・関節痛、筋肉痛
・悪寒
・頭痛
・脳炎、脳症の合併症を引き起こすことがある

B型インフルエンザ

B型インフルエンザは、A型インフルエンザほど症状は激しくないといわれています。発熱はするものの高熱にはならずに37℃台の熱や消化器症状が主となります。
A型インフルエンザのように、大きな流行を起こすことはあまりなく、また、ウイルスが変化しにくいので一度抗体を取得すれば感染しにくくなります。
主な症状や特徴
・下痢やお腹の痛みを訴える人が多い
・人と人の間でしか感染しない
・発熱
・頭痛
・関節痛

C型インフルエンザ

C型インフルエンザは、一度免疫を獲得すると、終生その免疫が持続すると考えられています。症状がかなり軽いため、再びかかったとしてもインフルエンザだとは気づかず、ふつうの風邪と思ってしまうかもしれません。
主な症状や特徴
・ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくい
・かかるのは幼児が多い
・感染してもインフルエンザとしてはかなり軽症で済むことが多い
・症状は鼻水くらい。ほかの症状は現れないことが多い

インフルエンザの予防方法は?

先ほどインフルエンザの症状をご紹介しましたが非常につらい症状ですよね。
また、一度かかったことがある方はもうあんなにしんどい思いをしたくない!と思った方が多いと思います。
では、どのような方法で予防できるのでしょうか。
インフルエンザを予防する有効な方法としては、以下が挙げられます。

流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されています。

外出後の手洗い等

流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症対策の基本です。
インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。

適度な湿度の保持

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。
やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合には、ある程度、飛沫感染等を防ぐことができる不織布製マスクを着用することは一つの防御策と考えられます。

インフルエンザの予防接種について

では、今回の本題であるインフルエンザの予防接種についてご説明いたします。
まず、インフルエンザ予防接種とは、インフルエンザのワクチンを接種するものです。
インフルエンザのワクチンは抗体をつくるのに必要な成分のみを取り出してつくられた「不活化ワクチン」です。
このワクチンを接種することで、身体の免疫反応によって抗体がつくられるという仕組みです。
インフルエンザの予防接種をしてから抗体ができるまでにはだいたい2週間ほどかかります。
また、一度できた抗体が持続する期間はだいたい5か月ほどといわれています。 インフルエンザの流行がはじまるまでの11月の初めあたりまでには予防接種を済ませておいたほうが良いということですね。

※ちなみに・・・インフルエンザウイルスは頻繁に抗原性を変化させるので、ワクチン株は毎年見直しが必要です。そこでWHO(世界保健機関)が北半球用、南半球用それぞれのワクチン株の見直しを毎年行っています

厚生労働省の本邦の高齢者を対象とした研究でインフルエンザワクチンの死亡回避の有効率は80%発症予防の有効率は34~55%という結果が出ています。
このことから、インフルエンザを発症した場合の重症化を防ぐという点において非常に有用であるといえます。また、発症も低減する効果があるといえます。

※平成9-11年度厚生科学研究「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」

インフルエンザ予防接種後の注意

インフルエンザの予防接種についてご説明しましたが、接種した後どのように生活するのが正解なのかわからない!そんな方もいらっしゃると思います。

(1)予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
⇒接種後30分間は院内で待機してくださいと言われることもあると思います。

(2)インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。
⇒もし体調に変化があれば、接種した医療機関、もしくは救急病院などを受診しましょう。

(3)入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。
⇒注射した部位を揉んでいる方等たまにいらっしゃいますが気をつけましょう。

(4)接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

インフルエンザ予防接種に際して補助がおりる健康保険組合もあります。
みんながインフルエンザの予防接種を行うことで集団での爆発的感染などを起こすリスクが少しでも減ります。
今シーズンもインフルエンザの予防接種を受けましょう!

【参考】
厚生労働省 個人および一般家庭・コミュニティ・市町村における感染対策に関するガイドライン
厚生労働省 インフルエンザの基礎知識
厚生労働省 令和元年度インフルエンザQ&A
インフルエンザNavi 
東京都総合組合保健施設振興協会

この記事を書いた人

アバター
えあざむ

渋谷で働く25歳。美容と健康に興味あり!みなさまに正しい情報をお伝えするために日々情報収集しています。 胃痛持ちで内視鏡検査の常連。血液検査が苦手。医療脱毛の痛みは耐えられます!