【20代~40代の女性必見】子宮頸がん予防│シルガード9は接種しておくべき?

がんは日本人の死因として最も多く、一生のうち3人に1人の割合でがんにかかるといわれています。その中でも子宮頸がんは約73人に1人が診断されるがんであり、女性にとっては身近ながんの一つです。 病状が進行すると最悪の場合、子宮摘出をしなければならないこともある恐ろしいがんですが、実は①子宮頸がんワクチンの接種  ②定期的な検診の受診 による予防効果が非常に期待されています。 その予防効果の高さから、2020年にWHOは、子宮頸がんを撲滅するため2030年までに「ワクチン接種率90%(15歳未満の女性)」 「検診受診率70%(35~45歳の女性)」という目標を掲げました。 子宮頸がんとはそもそもどのような病気であるのか、子宮頸がんのワクチンには一体どのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

知っておきたい!「子宮頸がん」とは

子宮頸がんとは、子宮の入り口である子宮頸部の上皮に発生するがんのことを指し、ヒトパピローマウイルス(HPV)に持続的に感染することが要因であると考えられています。HPVは性交渉の経験がある女性の過半数が感染しているとされ、ほとんどの場合は免疫によってHPVが自然と体外に排出されます。しかし、排出されず長期間感染が続いた場合、その一部が原因となり子宮頸がんが発生します。
がんとなってからの具体的な症状としては、月経中でないときに出血したり、膿のようなおりものや水っぽいおりものが多く出てきたりすることが挙げられます。進行するにつれ、下腹部や腰の痛みが生じたり、尿便に血が混じったりすることもあります。さらにがんが進行すると骨盤の中のリンパ節へ転移したり、また血管やリンパ管を通じて子宮から遠い肺などの臓器にも転移したりすることがあります。

日本において子宮頸がんは1年間に約10,000~15,000人の女性が発症し、毎年約3,000人が亡くなっています。患者の割合としては40~50代が多く占めており、40代の死亡要因として多く挙げられる乳がん、卵巣がんと並ぶがんでもあります。 さらに20~30代といった若い世代で罹患する人は1990年代と比較して2~3倍にも増えており、若年層の罹患率の増加が問題視されています。

HPVについて

HPVってどんなもの?

HPVは子宮頸がん及びその前がん病変をはじめ、外陰や膣に発症する病変(外陰上皮内腫瘍や膣上皮内腫瘍)、尖圭コンジローマなどを引き起こすウイルスです。
HPVは100種類以上の型があり、そのうち子宮頸がんの原因となるのは少なくとも15種類あり、日本人では2種類(HPV16型と18型)が子宮頸がんの原因の50〜70%を占めています。
その他、HPV6型や11型は、尖形コンジローマなどの原因となります。HPVは性交経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。
また、HPVは子宮頸がんや外陰がん、膣がん、尖圭コンジローマだけでなく、肛門がんや陰茎がんなどの発生にも関わっているとされています。

感染するとどうなるの?

子宮頸部のHPV感染は、自然に排除されることが多いため約99%以上の方は知らない間にかかって知らない間にウイルスが消えています
しかし約10%の方は細胞にがんでは無い異常が見られ、約4%の方は前がん状態になり、普通はゆっくりと本当のがんに進行します。
前がん状態からでも、自然に正常に戻ることが多いのですが、最終的に0.1~0.15%の方(毎年1~1.5万人)が子宮頸がんになります
子宮頸がんは、早期に発見されれば比較的治療しやすいがんですが、進行した場合には治療は難しいとされています。
そして、初期の子宮頸がんでは通常ほとんど自覚症状はなく、がんが進行すると不正性器出血、性行為の際の出血、異常な帯下などがみられます。

公益社団法人日本産科婦人科学会 子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために

予防法はないの?

子宮頸がんは初期においてはほとんどが無症状ですが、子宮の入り口でがんが発生する特性から、婦人科の診察で観察や検査がしやすく、発見されやすいことが特徴です。また早期にがんを発見した場合は比較的治療がしやすく予後のよいがんであるともいわれています。 そのため、子宮頸がんは十分な予防や早期発見が極めて重要であることがわかります。
子宮頸がんになることを防ぐには、 ①子宮頸がんワクチンの接種 ②定期的な検診の受診 の2つが有効的です。
特に若年層の罹患率が高まっていることから、ワクチン接種は性交渉前の10代前半に接種を、検診は成人後、定期的に受診するのが良いとされています。また性交渉時のコンドームの使用などもHPV感染予防に有効です。しかしながら、100%ではありません。

受けるべき?子宮頸がん検診

厚生労働省 平成28年 国民生活基礎調査の概況 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/index.html

現状として若年層は他の世代と比較し、定期検診の受診率が極めて低いことがわかります。子宮頸がんワクチンの接種に関しても、厚生労働省からの接種積極的勧奨が中止されていることもあり、平成14年度以降生まれの女子の接種率は1%未満にとどまっているとされています。
実際には子宮頸がん検診は子宮の入り口を、先がブラシのようなもので擦って細胞を採り、異常な細胞を顕微鏡で調べるもので痛みをほとんど感じない検査です。子宮頸がんの死亡率を減少させることが科学的に認められ、子宮頸がん検診として推奨できる検診方法は「細胞診」だけといわれており、厚生労働省からも20歳以上の症状がない女性は子宮頸がん検診を2年に1度定期的に受診することが推奨されています。しかしながら婦人科系の検診に対してハードルが高いと感じていたり、若い年齢であることを理由に「自分はまだ大丈夫」と感じていたりすることによって、子宮頸がんの予防へ意識が向きにくいのかもしれません。若いから、自覚症状がないからといって何もせず放置することは危険です。 子宮頸がんは最悪の場合、子宮の摘出にも繋がってしまいます。子宮を摘出すると妊娠できなくなるだけではなく、ライフプランが崩れることによって深い悲しみや喪失感を覚え、人生を大きく左右してしまう可能性も考えられます。

子宮頸がんは、がんの中では数少ないウイルス感染を原因とするがんの一つです。 そのため、生活習慣や遺伝によって罹患する可能性が高まる他のがんとは異なり、ワクチン接種によって予防ができるがんです。ワクチンを接種すべきタイミングや効果についてよく吟味した上で、どのように予防するか、判断する必要があります。

HPVワクチンについて

2021年2月に発売開始されたシルガード9とは?

現在日本で認可されているワクチンはサーバリックスとガーダシル、シルガード9の3種類があります。
サーバリックス
 2価(HPVウイルス2種類)
 16型、18型
ガーダシル
 4価(HPVウイルス4種類)
 6型、11型、16型、18型、
シルガード9
 9価(HPVウイルス9種類)
 6型、11型、16型、18型、31型、33型、45型、52型、58型

 サーバリックス(2価)ガーダシル(4価)シルガード9(9価)
予防するHPVの数2種類
(16・18)
4種類
(6・11・16・18)
9種類
(6・11・16・18・31・33・45・52・58)
接種対象10歳以上の女性9歳以上の女性9歳以上の女性
接種回数3回3回2~3回
接種間隔初回、1ヶ月後、6ヶ月後初回、2ヶ月後、6ヶ月後初回、2ヶ月後、6ヶ月後
国際誕生2009年10月2006年6月2014年12月
国内発売2009年12月2011年8月2021年2月

シルガード9は2021年2月に日本で発売が開始された最も新しいワクチンです。ガーダシルの内容に加えて、31型、33型、45型、52型、58型の合計9価の感染を予防するワクチンで、90%以上の子宮頸がんを予防すると推定されています予防効果も少なくとも2年は続くことが確認されています。また、肛門がんや陰茎がん、尖圭コンジローマなどの予防にもなるとされているため男性の接種も推奨されています

3種類のワクチンのうち、法定接種年齢の場合定期接種として無料で接種できるのはサーバリックスとガーダシルのみとなっており、シルガード9は自費での接種となります。シルガード9の接種対象は9歳以上の女性で、サーバリックスやガーダシル同様筋肉注射です。必要な免疫を得るため、1年以内に計3回(初回、2ヶ月後、6ヶ月後)間隔を開けて接種します。予防できるHPVウイルスの型がサーバリックスは2種類、ガーダシルは4種類であるのに対し、シルガード9は9種類であることが大きな特徴となっています。

HPVワクチンは全3種ですが、他のワクチンとの互換性に関する安全性や有効性を評価した報告はなく、予防効果や安全性が確立されていないため、同一のワクチンを3回接種することが望ましいとされています。他にもシルガード9含めHPVワクチンは接種時すでに感染しているHPVを排除することや、すでに生じている疾患の進行の予防効果は期待されておらず、あくまでもこれから起こる疾患を予防するという点は注意が必要です。

シルガード9の接種スケジュール

シルガード9の接種対象者は9歳以上です。
初回接種(1回目)、初回接種から2か月後(2回目)、初回接種から6か月後(3回目)に腕または大腿部の筋肉内に接種します。

子宮頸がん検診の受診率は欧米では約80%ですが、日本ではなんと約20%と低いのが問題です。HPVワクチン接種後もワクチンでは予防できない型のHPVによる病変を早期発見・早期治療するために子宮頸がん検診の受診は必要です。

シルガード9接種による副反応

HPVワクチン接種による副反応が一時期国内で問題視されましたが、シルガード9の副反応にはどのようなものがあるのでしょうか。
シルガード9で起こりうる副反応として、接種部位の疼痛、紅斑、掻痒感や発熱、頭痛、腹痛などが報告されています。ワクチン接種後の失神による転倒を避けるため、接種後30分間程度は座って待機させるなど安静な状態でいることが推奨されています。

シルガード9は効果がある?!

シルガード9の有効性については、ガーダシルの効果と比較する国際共同試験が2007~2009年にかけて、18ヵ国で行われました。16~26歳の女性を対象にしたこの調査では、従来のガーダシルと同等の子宮頸部の高度前がん病変及び上皮内癌や外陰・膣の上皮内病変を予防する効果に加え、シルガード9で新たにカバーすることが可能となったHPV型5種類による病変が97.4%減少したことが報告されています。

また日本人においても、シルガード9の有効性に関する調査が行われました。調査では、ガーダシルを接種した127人中、シルガード9で新たにカバーされるHPV型5種類に6ヶ月以上の持続的な感染が20人に発生したのに対し、シルガード9を接種した127人中ではたったの2名しか発生しなかったことが実証されています。このことから、日本人においても国際共同実験同様、シルガード9の有効性があることが示されました。 したがって、シルガード9は従来のサーバリックスやガーダシルよりもHPVに対して強い予防効果を持っており、シルガード9の接種はさらなる予防効果を高められることがわかります。

世界の動き

WHO(世界保健機関)の事務局長が2018年5月に子宮頸がんの排除のための行動を呼びかけました。一次予防として9歳から14歳の少女に対してのHPVワクチン接種があげられています。このように世界的にもHPVワクチンの接種が推奨されており、また、9価ワクチンを接種することでより高い確率でHPV感染を予防することができると考えられます。

WHO 全世界的な公衆衛生上の問題:子宮頸がんの排除 日本産科婦人科学会 訳

さいごに

多くの先進国では、子宮頸がん検診の普及もあり、子宮頸がんは減少していますが、日本では子宮頸がんになる人も子宮頸がんで亡くなる人も増えているという現状です。多くのがんは残念ながら明確な予防法がない場合が多いですが、子宮頸がんはワクチン接種や検診の受診によって予防できるがんです。 特に検診受診も大切ですが、まずはワクチン接種によってHPV感染の予防をすることが重要となります。そのためには、新たに発売され、従来ワクチン以上の効果が認められている「シルガード9」の接種も選択肢の一つです。若年層でも罹患しやすい子宮頸がんについて、手遅れにならないためにも、これからの人生に向けて、早いうちから予防することが何よりも大切です。

また、子宮頸がんワクチンについては男性が接種しても良いのです。陰茎がんや肛門がん、咽頭がん、尖圭コンジローマなどの予防につながります。男性が接種することで男性から女性への感染の機会も減るため、子宮頸がんに罹患するリスクを減らすことができるので男性の接種もおすすめです。

接種可能な医療機関詳細

医療機関名MYメディカルクリニック
所在地東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル4階・5階
開院時間平日:9時~12時30分 / 13時30分~16時30分 / 18時~20時15分
土日:9時~12時30分 / 13時30分~16時30分
休診日祝日、年末年始
電話番号03-4579-9011
MYメディカルクリニックのホームページはこちら

●渋谷駅から徒歩3分の抜群の立地
●平日夜間、土日も開院
●海外渡航ワクチンも豊富に取り扱いあり
●感染対策徹底

【参考】
こどもとおとなのワクチンヒトパピローマウイルス(HPVワクチン)について
▼厚生労働省 ヒトパピローマウイルス感染症とは
▼株式会社インターナショナル メディカルマネージメント(IMMC)
▼株式会社つばめラボ
がんのつらさ(シオノギ製薬)
小泉重田小児科
公益財団法人 日本対がん協会
公益社団法人 日本産科婦人科学会
厚生労働省 がん対策について
厚生労働省 HPVワクチンQ&A
国立がん研究センター がん情報サービス
知っておきたいがん検診(日本医師会)
城山公園すずきクリニック
AnswersNews
MSD Connect

この記事を書いた人

アバター
えあざむ

渋谷で働く25歳。美容と健康に興味あり!みなさまに正しい情報をお伝えするために日々情報収集しています。 胃痛持ちで内視鏡検査の常連。血液検査が苦手。医療脱毛の痛みは耐えられます!